読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試論:ライトノベルはレーベルでもイラストでもない。 本論

テキスト Novel

 前説はこちら
 
 あらすじ。
 
 ライトノベルとは現象のことを指す呼び名でしかない。ライトノベルの内実にあった新たな呼び名が生まれない限り、未来はないんじゃないか。
 っていうようなことをつらつらと訴えかけたいんですよ! 僕は! ごめん嘘!

 はい、というわけで。
 ちなみに、これを書こうとおもいついた時のメモをなくしたので、わりと話がまとめられないよ。適当だよ。というわけで呼び名について下記に。
 
 たとえば「ミステリ」とかいう呼び名の小説群を考える。
 この呼び名の周辺には、たとえば「推理小説」であったり「本格」「新本格」とか「ハードボイルド」であったり「海外ミステリ」「国内ミステリ」とか呼ばれたりするものもあれば「古典」とか言っちゃうものもあったり。
 
 それを「ライトノベル」で考えてみる。
 この呼び名に含まれる小説を区分するなら、「ファンタジー」であったり「ミステリ」であったり「SF」であったり「学園もの」であったり「ラブコメ」であったりと。
 
 たとえば、この差なんだ。
 ライトノベルと呼ばれる小説群は、「ライトノベル」という言説の中に、複数のジャンルが内包されている。そのくせ例示したミステリとの違いは、そのジャンルが要素としてしか用いられていないってところ。
 小分類としてのジャンル名ではなく、要素として複数のジャンルを縦断して「何か」を作り出す現象がライトノベルであるのだ。
 だからといって「ライトノベル」と呼ばれるものには、区分しようにも「ライトノベル」と呼ぶしかない、言語化できないけれど読む人にとってはそれとわかる「何か」が存在するんじゃないかと思う。というか、黒雨はそう願っている。
 ただ、現状ではライトノベルという呼称は、方向のみは指させるくせに、明確に場所を示すことができないんだ。
 ただ、この呼び名が、ある種の「ジャンル」として定着しつつある今、実態を明らかにするような呼び名がなければ、感覚だけ先行していってしまう。
 
 まずは、その呼び名が先に立つべきで、レーベルなんてものは、その後からついてくるんじゃねーのかな、と。
 最近、ライトノベルの新レーベルがそれぞれ出来ているっぽいけれど、それぞれの狙う独自性ってのが、ジャンル内での独自性っていう訳ではない気がするんだ。それぞれの思う新たなジャンルを定義しようと模索してねーか。
 それって、「ライトノベル」ってのが定まってないし、そもそも定まるようなたぐいのものなんかじゃねーってことじゃねーのって思う。
 前にも書いたように、ライトノベルってのはジャンルですらないんだ。いろいろなジャンルを飲み込む現象でしかない。
 たまたま、これまでの共通項が、イラストをつけるようなレーベルであったりしただけ。
 現在では、ライトノベルの一般化だったり「小説トリッパー」でポストライトノベルとか特集が組まれるみたいだけれど、未だ「ライトノベル」ってのはジャンル化されてないんだ。
 
 ライトノベルという言葉が空中分解する前に。
 ジャンルとしての呼び名を、この小説群をきちんと本質と同時に表すような呼び名を。
 それが、いわゆる「ライトノベル」が解決すべき早急な問題なんじゃないのかな。

創作方針

日記

 会社にて先輩との会話。
 
先輩「小説書こうよ」
黒雨「嫌です」
先輩「どーせ、ひとりでウジウジ悩んでいる主人公しか出てこない小説書くんでしょ?」
黒雨「その通りです」
 
 そんなにも見抜かれやすいか、この芸風。