三分の三はもはや一であり、散文の賛として文章を愛することを忘れずに生きていこうと思います。黒雨です。