読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールデン・ウィークを旅する。

見聞録

 というわけで、ゴールデン・ウィークの過ごし方。誰も興味がないだろうとわかってはいるんですが、書くことに躊躇いを持っては負けるんです。何かに。
 
 4日午前8時。高田馬場に集合する三人。

  1. 所沢原理主義者……徹夜明け(ES提出済)
  2. 浦安土着民……5時間睡眠(ESのダウンロードすらしていない)
  3. 黒雨……3時間睡眠(ESをダウンロードするものの何も書いていない)

 まぁこの三人が集まったわけですよ無駄に。ええ。そして適当な旅に出たわけですよ。無駄に。ええ、無駄に。
 
第一目的地……八景島
 雨が降っていたので遊園地はやめて温泉へ行き療養する予定だったのですが、何故か八景島に寄ることに。どうやら107mの高さのフリーフォールがあるらしいっていうか黒雨はそういう絶叫系が苦手なのだっていうのに。
 そんな黒雨の呪いの効果か、強風のため館内の施設の殆どが運行停止をしていました。そうすると、他に何もすることがなく、屋台で七面鳥を食べて立ち去りました。
 何をしに来たのか、わかるひとがいたら、黒雨たちに教えて欲しいくらいです。
 
第二目的地……熱海
 八景島への道が異様に混んでいて時間をロスしたので、下田へ行く予定を変更して熱海へ。理由は近かったから。そんないきあたりばったりな感じで。
 向かう途中、黒雨が運転の順番になり、有料道路の料金所渋滞に巻き込まれている時に電話が。非通知設定から。え、企業企業? と焦りながら電話に出ると(出るな)、上記の企業から。次の面接の通知と聞かされて、左手に携帯、右手にハンドルと、スケジュール確認とか出来ないので焦り「30分後にかけ直してください」と言ってとりあえず問題を先送りに。渋滞をなんとか30分以内にのりきり、浦安土着民に運転を交代。
 そこで走り出してから気付く。
「あ、携帯……電波が悪い……」
 海沿いだから、海沿いだから山とは違って電波が届くと思っていたのにっ。そして道路は渋滞気味。しかも、トンネルとか通過する道に。そして再度電話がかかってくる。
 ちょうど電波は良好、今のうちにと急いで電話に出て話をする。持っていくものの話になった時に急に電波が悪くなり焦りながら、強引に電波が届くところで停車してもらい、なんとか電話応対を済ませました。
 ようやく一安心して、目的地。
 目的は、温泉でした。
 温水プールで泳ぎました。ウォータースライダーとかやりました。そのあとで風呂にちょっとつかりました。
 ええっと、目的がなんだったのか教えてくれるひとがいたらありがたく思えてくるほど頭が膿んでいましたよ、正直。
 
第三目的地……三島
 帰りがけに何か食べようと言うことになり、目についた三島という地名。三島って聞いたことあるな、という話になり、でもそれがなんだったか思い出せないな、という賢くない三人は三島に向かってみました。
 気がついたら目的地は沼津になっていました。
 沼津に来たのでせっかくだから、魚を食べました。ええ。高い金を払っただけはあります。黒雨はその店の前で嗅ぎたばこを買いました。目についたからです。もうそろそろ、意味不明な行動はやめてもいい年頃だと思うようになってきました。
 
第四目的地……ブックオフ大久保西通り店
 実は、車の中に黒雨が売りさばきたいいらない漫画どもが入っていたんです。この時点で夜も更けて、今までの目的地に古本屋を見かけなかったせいで、夜遅くまでやっているブックオフを目的に道を進めました。
 箱根街道を走っている時のこと。
 突如、霧で視界が真っ白に。
 -------------------------
 その霧は、黒雨の心を揺さぶった。周りの景色など何も見えない。ぎりぎり見えた看板に芦ノ湖という文字があったので立ち寄った駐車場。視界が覆われていて、足を踏み出した先に地面がないかもしれない、と思えるほどの白の中。ただ光と闇という存在dけは認識できる。それと、周囲の数メートルの範囲だけの世界。
 これが、幻想という具体的な感覚なんだ。初めて、体験として幻想を認識した。
 -------------------------
 というわけで、本気で真っ白で車の運転が怖いくらいでした。峠らしき道を走ったのですが、どこでカーブがあるのかをカーナビに頼ってハンドルを切るくらいのレベルでした。
 
第五目的地……大黒ふ頭
 その後走り続け、東京に近づいてきた頃になり、所沢原理主義者が、大黒ふ頭に行きたいと言いだし、寄り道へ。目的はDQN見物です。どうも、そこがたまり場になっているらしいんです。言ってみたら、数は少なかったですが車の後部を全てスピーカーに改造して音楽を流すひとや、バイクを駐車場内で乗り回す人などを発見しました。何故か、保育士になって幼稚園で働いているような錯覚を覚えましたが気のせいです。
 気がつけばブックオフまで到着していました。
 
第六目的地……若松河田
 いきなり所沢原理主義者が、引っ越す前の家あたりを見てみたいと言いだし、若松河田へ。意味がもうわかんないです。
 
第七目的地……ドン・キホーテ中野駅前店
 どうせなら普段重くて変えないものを買おう企画。誰も特に買いませんでした。おしまし。
 
 という何をしに一日つぶしたのかいまいちよくわからない過ごし方をしました。そうやって帰ってきたのが今です。眠いです。寝る前に日記を書く習慣が付いたせいで、更新をし始めてみたら。思いの外長々と書いています。今はもう眠くて文章をまとめる能力とかないので、ここで放置。